俺目線

TV番組・ニュースなど世の中の出来事を俺目線で書くブログ!

*

マツコ&有吉の怒り新党#新・3大カスからできた繊細すぎるアート

   

2015年9月16日放送

 




 

有識者:芸術新潮編集長 吉田晃子

1.消しカスアート

ルール:絵を消した時の消しカスを使う

消しカスアートを始めた理由

何作ろうかなって思ったときに、広告を消しゴムで消したら色が出て来て、平面から立体になるなら消しゴム使おうと思った

入江早耶作「ベンテンダスト」高さ:20cm 消しゴム20個

IMGP2008

消しゴムは、無印良品とまとまるくんの組合せがベスト

有吉:本当は粘土でやりたい

2.鉛筆の削りカスアート

削りカスアートを始めた理由

芸大生にとって身近な大量の鉛筆の削りカスを使えないかなと思って

行程1.ちぎれないように慎重に削る
行程2.大きさ別にカット
行程3.同じサイズを貼り合わせる

小和田成美作「ドレス・クラック」横:70㎝ 高さ:60cm 鉛筆80本、削りカス4000枚以上

IMGP2010

エコ&アートアワード2013:協賛社特別賞イデー賞受賞

有吉:本当は千代紙でやりたいんだろうなって
夏目:鉛筆の削りカスで作りたいんですよ
有吉:しかたなくでしょ。やらせてあげたいな千代紙を寄付して

小和田さんメモ

人生で一番身を削った経験:2浪して毎日絵を描き続けて芸大へ

有吉:キレイな人ばっかり出てくるから・・・
マツコ:芸術はブスに残しとこう!

 




 

3.コーヒーの豆カスアート

豆カスアートを始めた理由

毎日出る大量の豆カスを使えないかと思って

行程1.生豆を加熱し色を付ける
行程2.16色の豆カスを作る
行程3.麻袋に下絵→ボンド塗る→豆カスのせる

小松輝幸作「アジの開き」製作期間2か月

IMGP2011

これまで作った中で最もリアリティがある

豆カスアートを立体化

豆カス+大量のボンドで粘度化に成功

マツコ:何でやろうと思うかね?
夏目:誰もやったことが無いという言葉に弱いんですって
有吉:鉛筆で書くのと油絵、絵具が良いんだもん一番
夏目:「インターネットで調べて誰もやってなかったから自分が先駆者になろうと思った」と

怒り新党の記事をもっと見る
 




 

 - マツコ&有吉の怒り新党 , , , ,